自分迷子が終わったら、そこはボーナスステージだった

なんか違う、これじゃない、どうしてこうなる・・40年以上自分迷子だったからこそ迷子のあなたを応援します

嫉妬が出てきて辛いとき

ども、さこしなこです

 

嫉妬、嫌な単語です(笑)

 

 

あたしが嫉妬してたのは

「うまく世の中を渡ってる女子」

「お金がいっぱい入って来る人」

「キレイな人(痩せてる人含む)」

「友達や仲間がいっぱいいる人」

 

ま、簡単に言えば

あたしが欲しいものを持ってる人に対して

メラメラと嫉妬してました。

 

f:id:ofudaya:20170330214507j:plain

 

うん。

ほしいもの持ってる人なんて、いっぱいいるよね。

 

「人と比べるからよ」的なアドバイズというかくそバイスを頂いても

そんなの「わかってるし!」と思うわけです。

※実際はわかってないのだが、ここを掘ると長くなるのでやめとく(笑)

 

嫉妬の根っこは「自尊心のなさ」なのですけども

そんなことはどーでもよろしい。

(いや、よろしくないけど今はおいとく)

 

 

自分が欲しいものや状況を持ってる人なんて

ちらっと横目に見ただけでも、た〜〜〜〜〜くさんいます。

 

世界中、自分以外は幸せそうだと思ってしまう。

 

怖いのはここ。

 

嫉妬の一番怖いところは「自滅」なのね

 

自分可哀想の世界に入るか

世界は敵になり、攻撃的になるか。

 

どっちに転んでも

人にやさしくされない、尊重されない世界の住人になっちゃう。

 

そんなの嫌だよね。

 

 

あたしがその世界から一歩出たのは

やっぱり思考の変化があったからなの。

 

 

嫉妬するときってね

あきらめている時だったのです。

 

 

例えば

「あの人すごいな〜!あんな人になりたいな〜!」と憧れてる時は

嫉妬の気配はないですよね。

 

そもそも、土俵が違う人にも嫉妬は湧かない。

 

または「あんな人」になるために

スタートしてたり、努力してる場合も嫉妬は湧かない。

自分もやることやってたり

エネルギーを注ぐ場所があったりすると

自分也の成果って出るし、嫉妬も湧かない。

 

 

自滅してしまうような

いや〜〜〜な嫉妬が生まれるのは

 

行動していないとき。

 

そして

自分で自分をあきらめている時

 

だったりするんだな〜〜〜これが。

 

 

そこに気づいてからは

あの人キレイでいいよな・・と嫉妬が生まれた時

 

ん?

自分はブスだと自分であきらめてるのか?

それとも、キレイになろうと努力してないからか?

 

という自問をするようになったの。

 

これが効果テキメン(笑)

 

 

そっか、そっか、と自分と対話できるキッカケになってます。

 

はい、未だにやりますよ〜(爆)

 

 

 

ま、嫉妬っていうのは比較から出て来るものが多いからさ(笑)

とってもわかりやすいし、内観しやすい感情なのでね。

 

 

恋愛系の嫉妬も仕組みは同じだと思うのね。

 

パートナーに別の相手が出来た(またはすでにいる)場合でも

 

愛されるという自信を失って、あきらめていないか。

相手を大切にし、尊重するという行動をやめていないか。

 

そこら辺がわかってくると、嫉妬してる場合じゃないことに気づけると思う。

 

 

 

そんなところで

今回はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分迷子だと感じる方は情報も断捨離してみまひょー

断捨離すると前に進みやすくなりますよね。

なんでもそうですけど、スペースを作ると新しいものが入ってきます。

 

f:id:ofudaya:20170327171057j:plain

 

これは法則なので、当たり前な話としてあたしは受けとってます。

 

でね、

自分迷子してると(自覚有りなしに関わらず)

SNSとか、異様に見るようになるんですよ。

 

ほら、迷子だから(爆)

 

何かないか・・って無意識で探しちゃうんですね。

 

うん、あたし、超思い当たりまくり(笑)

 

ヒドいときは半日くらい

ずっとFacebook見てたり、ブログ見たりしてました。

なんだかわかんないけど辞められなくてね・・・

 

そして、落ち込むんですよ。

キラキラしてる人とか

なんだか自分を見つけてるように見える人を見て

すげー凹む。

 

自分の出口を探してるはずなのに

より迷子になって、さらに凹むというね・・・_| ̄|○

 

そこから出るには

情報も断捨離するの。

 

早い話が人の投稿は見ない(爆)

 

人の投稿みて、何かを得ようとしているところが問題なのね。

 

だから、あえて見ない時間を作る。

あたしも自分に集中したいときは3日くらいまったく見ないようにする。

ひたすら自分の記事を書く。

 

そうすると、自分に集中できるのです。

これぞ情報断捨離!

 

 

なんとなく見ちゃう・・って方は、ぜひやってみて下さい。

 

人生がちょっと変わってきますよ(たぶん)

 

 

 

超がつく恐がりを力にすることを知ったときに、人生の転機が来たような気がする

見かけは自信たっぷりに見えるそうです。あたし。

でもね

ご存知の通り「甲殻女子」の成れの果てでして(笑)

 

内側がヨワヨワで、くにゃくにゃな恐がりなのです。

 

それを隠すことが生き残る道だと勘違いした10代。

暴走族までやってました(大笑)

 

どこが弱いんだって思うでしょ?

そこが「甲殻女子」なのですyo

 

人生の大半をそんな感じで生きてきたことに、無自覚でした。

 

それこそ、あたしは強いと思ってました。

強いからダイジョブだと。ってか強いし、は?みたいな。

ほら、暴走族だし(笑)

 

実はこれが人生を迷い続けた根源のひとつ。

 

自分が超恐がりな人間なのだと気づくことすらなかったのですね。

ふふふふ(遠い目)

 

自分そのものを誤解しているわけですから

そりゃー人生迷うでしょって話なんだけど。

 

いやいや、気づけないんだよ。

だって、強いンだもん。

 

何があっても一人でやってきたし。(実は違うのだが気づけない)

どんなときもがんばってこれたし。(実は違うのだが気づけない)

 

そんなところをグルグルして

やっと気づいた。あたし。

 

「ああ、あたしすげー恐がりで弱いんだ」

 

えええええ!!!!?????

 

そっからですか?!

あたし強いってのをスペックとして持ってたはずですよ?!

 

ってか、その強いってスペック、嘘でしたか??

そんなもの、最初から持ってなかった?!

 

え?それって、、、え!?

 

という自分への逆襲に合うわけです。

 

そこですよ。

 

自分本来の生まれたときのスペックを知ることが、最初の一歩でした。

 

自分本来のスペックを知るのは、数秘術が一番しっくりきます。

ええ、占いのアレですよ。

 

ただ、4年間数秘術を使ってきて思うのは

あれは占いではなく、自分の魂の入れ物(身体とかそういうの)のスペックを知るものだと思うのです。

 

4年間ってのは、あくまで趣味でやってた年数ですが

結構な数、分析してました(どんな趣味やねん)

 

そして「かずたまのたまこさん」に出会います。

 

たまこさんは日本式の数秘術である「数霊」を使う鑑定士。

さらにはコーチングを巧みに使われる方でもありまして、とっても信頼のおける鑑定士さんです。

 

たまこさんの鑑定で、自分が何を求めているかをこれでもか!と後押しされました。

 

その一つが「超がつく恐がり」であることを認めること。

 

それがねーなかなかできん!(笑)

 

できんなりに、やってましたよ。地味に・・・

そしたら思いっきり体調崩しまくりました。

たぶん浄化やったと思うけど、そんなん、いらんがな!ですわ(爆)

 

 

そして出た結論。

「恐がりを力にしよう」ってことでした。

 

発想の大逆転でした。

 

といっても、至って普通のことなんですけどね

 

怖いと思った時は「チャンスが来ている」と自覚する。

 

これだけです。

 

今までの甲殻女子パターンが出ると(ってかこっちが初めに出る)

 

怖いをスルーしてですね

いきなり結果を導きだすのです。

 

怖いと感じないように防御する、

最大の防御は攻撃。

つまり、甲殻から攻殻に変身するのです。

 

 

 

相手がつまらなさそうにしていると

いきなり「今日は帰る」とキレ気味に言い出すとか

 

 

ケンカすると

すぐに「別れる」という選択になるとか

 

すぐにもうダメ・・というのを結論づけて

自分から壊すというか(笑)

 

※自分から壊すのはLPナンバー3の破壊と創造の力も同時に動くから

これも自分を知るまで、自分がどうしてこういうことになるのかわからなかったやつ。

 

 

なんですか、もう、書いてて恥ずかしいんですけど

壊し屋ですか、くらい壊して壊して、壊して壊して。

 

でも内側はメソメソして

もうダメだ、、、

やっぱりあたしなんて、、、

消えてなくなりたい、、、

誰もわかってくれない、、、

 

とグズグズしてたわけです。

 

うーん、もうね救い用がないというかなんというか。

 

 

この連鎖を断ち切る呪文が先の

「これがチャンスかも知れない」と思い直すこと。

 

甲殻女子を40年も続けてきたあたしにとって

ものすっごいチャレンジなのでした。

 

 

うん。

だってね、わかってたら自分で自分の人生壊したりしなかったもん。

 

これを正当化したい自分もいたり。。。

ああ、ほんとウザいwww

 

 

自分を知っていく段階で

こうやって小さな誤解(システムエラー)を直して行く作業をしていきます。

 

 

自分の本来のスペックを知って、システムエラーがないかを探すことは

自分迷子からの脱出には欠かせないひとつの方法やと体験してわかりました。

 

 

あたしも6月からお手伝いできるよう、さらに分析力を高める勉強をしております!

 

一緒に迷子から脱出して、自分らしい使命を生きて行きましょーね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40年、、、長かったよ

今年50歳になるわけですけど

自分迷子しつづけてきまして。

 

離婚2回(只今3度目更新中♡)

趣味も特になくて

仕事も10回は変わりましたよ。

最後の会社にリストラされたとき

「ああ、会社員はムリなんだ」とハタと思いまして

独立起業したのが12年前。

 

とはいえ、高校も出ていないあたし。

何になりたいか、ではなく

何になれるのか、ですわ。

 

高卒じゃなくてももらえる免許ってことで

整体師を目指して借金(地獄になるわけですが)して

整体師になり開業しました。

 

これもね

順調でした。最初は。

 

市内で初めての女性整体師ってことで

3ヶ月予約の取れない人気ものでした(遠い目)

 

がですね

なぜか物事が順調にすすむことがないのです。
(これはなぜか今はわかりましたが)

 

予約が取れない整体師でありながらも

体調不良になり、仕事が続けられなくなったりしてですね

 

やっと、やっと見つけた!と思った生きる道も閉ざされました。

 

その間にも

子どもの家出や孫との離別(いろいろありました)

借金返済の毎日。(頭の中はお金のことばっかり)

原因不明の体調不良や、精神的なウツ状態。

氣の遠くなるような問題を山のように抱えて生きてました。

 

何をやっても続かない飽き症。

一番長く続いたのが小学校の6年というね。

 

今振り返っても

よく生きてきたなと思う。

 

 

それでも。

なんだかわかんないけど

「何かしなきゃ」と思う気持ちだけがいつもありました。

 

何か違う

何もできない

なんかもーどーでもいい

でもこれじゃない

あ、これかも!

あれ・・・なんか違う(最初に戻る)

 

これをずーっと繰り返してきました。

 

は〜〜〜〜〜

 

で、やっとココにきて自分がどう生きればいいのかが腑に落ちました。

 

長かったよ、40年。。。

 

その一つが「人生鑑定士」という生きる道。

あたしはおふだ屋をやったりしてて「授かった能力」が強いタイプです。

 

この授かった能力を自分のために使うとですね

全部うまくいかないという事実が(衝撃の事実)

 

そこでこの能力を誰かのために使えばいいのだ!と腑に落ちたのが一つ。

 

次はどうやって使うか、なのですが

これがまた、以前からずーっと趣味でやっていた「数秘術」を使えばいいと。

 

プラス、授かった能力を活かす最高の場として「受けとる力」を広めて行けば良い。

 

それにですよ

愛されることにどん欲だった過去、失敗だらけだった過去も加味していくと、道が視えてきたではありませんか。

 

それが「人生鑑定士」という道。

 

ただね

人生鑑定士と同時に、普通のただの女でいることが大前提でした。

 

何かになりたいと思うその気持ちがどこから来ているのか。

 

なぜ普通の女ではダメだと思っていたのか。

 

そこら辺が腹落ちしないと、人様の人生に関わり鑑定するなんてできね〜〜〜〜!と思ったから。

 

なによりも

あたしは自分の人生の軸を持たなきゃ生きていられなかったから。

 

 

そしてあたしの人生の軸は

あたしと同じように自分迷子になって苦しんでる人の「生きる道」をアドバイスしていくことだと視えたから。

 

 

普通の女として、受けとる力(受けとりの法則)を最大限に活かしつつ

授かった力を使って、あたしに関わってくれる方の人生を明るく照らしたい。

 

そう思っております。

 

そんなブログになればいいなと。

 

 

そんな初心宣言でございます。

 

 

 

 

 

戦うオンナは本当に強いのか

ずっと戦うオンナだったあたし。

 

もーね

人生全部戦いだった。

 

学校では先生や規律に歯向かい

友人知人ともバトル

 

社会に出れば

社長や部長という管理職と戦い

 

ともすれば職場のおばさんとも戦い

 

結婚すれば

夫や家族と戦い

 

子育て中も戦い

 

自営業をすれば

自分と戦い

 

本当に日々戦ってきた。

 

戦うことが好きだったのだろう

 

戦うことで、なんとかできる自分になろうと思えたのかも知れない。

 

がしかし

 

その戦う人生は

失うものがとても多かった。

 

まー当たり前っちゃ〜当たり前だ。

 

戦ってるんだもん。

 

周りは敵か見方か。

 

あたしの人選はいつもそこにあった。

 

今は、戦うことをほとんどしなくなった。

 

世界は意外に優しいと知ったから。

 

あの頃、知らんかったな。

 

あの頃、世界は敵で

人は敵で

権威は敵で

ルールも敵で

 

優しくする人は

すべて裏があるとすら思ってた。

 

苦しかったな

 

苦しいから、さらに鎧をまとう。

 

そうやってどんどん鎧が厚くなり

 

重みで身動きがとれなくなり

 

そのストレスをさらに怒りと苛立ちに変えて人生を生きてきた。

 

つまり

あたしは鎧女子だった。

 

鎧女子って結構いる。

着ぐるみ女子の方が多いかもしれん。

 

自分を守るために作ったその鎧や着ぐるみが

自分の首を絞めるような生き方をしてしまう。

 

すると

体調を壊すのだ。

 

なんだ、結局精神的にも肉体的にも弱いんじゃないか。

 

そーとー弱い。

 

そっか、弱いからこそ鎧がいるのか。

 

 

 

ああ、そんな話をしたいな。

 

そろそろセミナーやりたいな。

 

でも出かけるのは辛いから

Webセミナーにしようかな。

 

 

 

今日は干し柿作りで疲れたわよ

庭に柿の木がある。

 

引っ越してきたときから

ずーっとそこにあった。

 

が、残念なことに渋柿

 

渋柿と言えば、干し柿じゃないか!

 

引っ越し3年目にして

初めて干し柿に挑戦してみる。

 

まーメンドクサイわ(爆)

 

美味しい干し柿のために

がんばる夫を尻目に

 

干し柿好きじゃないあたしは

地味に抵抗しながらも

30個ほど柿の皮むきを。

 

楽しいこと(美味しいこと)が見えている作業は楽しいが

未来が楽しくない(食べない)作業は

疲れが倍増すると気づくあたし

 

そーいえば

夫が好きだけど

あたしは食べないというものが多いわ

 

梅干し(あたしは食べない)

らっきょ漬け(あたしの嫌いなベスト1)

 

ま、夫の喜ぶ顔が楽しい未来と思って

日々メンドクサイ作業を惜しまないあたしなのだ。

 

・・・その3倍夫が動いているが(笑)

 

 

 

 

 

写真載せたら、ドアップでビビった

さっきの記事に

初めて写真を載せてみた

 

それもFacebookのノリで自撮り

 

そしたらデカいじゃん(大笑)

 

なんかごめんって思った(爆)

 

 

このブログって

あんまり自撮りとか見ない気がするのは

気のせいだろうか。。。