自分迷子が終わったら、そこはボーナスステージだった

なんか違う、これじゃない、どうしてこうなる・・40年以上自分迷子だったからこそ迷子のあなたを応援します

家計簿はつけない方がお金が回る

良い妻は家計簿をつけて

お金の流れを管理して

いざというときに備えるものだ

 

というのを信じてきた。

 

で、あたしは何でも3日しか続かないという

ありがたい坊主なので(笑)

 

ステキな

イケてる

使いやすい

可愛い

家計簿を、年の暮れに購入しても

無駄になる体質を持ち合わせます。

 

これが散在やねん!という話ですが

 

なんせほら良妻になりたいわけですよ

必死なんですよ

良い妻になりさえすれば、離婚されない(捨てられない)し

家庭で大きい顔ができる(これが一番だったかも)と信じていたので。

 

がしかしですな

そんなあたしなのだが

どーしてか「うまくお金が流れる」わけです。

 

財布の中にも

銀行の通帳にも

「お金、入ってないわ」という状況なのにも関わらず

 

なぜか毎月うまいこと流れて行く。

 

必要なときにお金が入って来ると言ったほうが近いかな。

 

これはなぜかと訪ねたら(誰にだ)

 

潜在意識に鍵があった!

 

潜在意識ってのはもう有名よね。

(たぶん)

 

あたしが潜在意識を学び始めたころは、

それなに?って良く変人扱いされたもんだけど(爆)

 

家計簿を毎月丁寧にミッチリ隙間なく1円単位で書き続けると

 

潜在意識に

「うちの収入はこれだけです」って入れ続けちゃうのよね

 

で、支払いするたびに感じる

あの不快感(爆)を、さらに書くことで強化するわけ

 

ああ今月もこんなに電気代が・・

ああ今月もこんなに水道代が・・・

 

ああ、家賃なんて払いたくないわ

ああ、ローンなんてどうして組んだんだろう

 

ああ、今月もお小遣いが少ないわ

 

ああ、自由になるお金が欲しい!!!

 

という感情を伴ったお金の管理になるわけよ。

 

すると潜在意識は

お金ってのは毎月決まった金額しか入って来ない

お金ってのは負のものなのだ

 

というインプットをする。

 

お金は感情を負にするもの。

そんなの欲しくないわけよ。潜在的に。

 

さらに

決まった金額しか入って来ないわけだから

その中で、永遠にやりくりし続けるわけよ。

 

だからね

家計簿はテキトーにつけるくらいで丁度いいのです。

 

なんなら書かないくらいがいいわけ。

 

あたしは

ざっとした支払いだけは感覚的にあるので

それ以外はどんぶり勘定です♡

仕事での経費も結構適当で

税金対策とかしたことないです

 

税金が支払えるくらい儲かったら嬉しいな♡

という感覚なので。(まじで)

 

 

そーいえばこういうことを詳しく書いた

メルマガを作ったわ(爆)