自分迷子が終わったら、そこはボーナスステージだった

なんか違う、これじゃない、どうしてこうなる・・40年以上自分迷子だったからこそ迷子のあなたを応援します

嫉妬が出てきて辛いとき

ども、さこしなこです

 

嫉妬、嫌な単語です(笑)

 

 

あたしが嫉妬してたのは

「うまく世の中を渡ってる女子」

「お金がいっぱい入って来る人」

「キレイな人(痩せてる人含む)」

「友達や仲間がいっぱいいる人」

 

ま、簡単に言えば

あたしが欲しいものを持ってる人に対して

メラメラと嫉妬してました。

 

f:id:ofudaya:20170330214507j:plain

 

うん。

ほしいもの持ってる人なんて、いっぱいいるよね。

 

「人と比べるからよ」的なアドバイズというかくそバイスを頂いても

そんなの「わかってるし!」と思うわけです。

※実際はわかってないのだが、ここを掘ると長くなるのでやめとく(笑)

 

嫉妬の根っこは「自尊心のなさ」なのですけども

そんなことはどーでもよろしい。

(いや、よろしくないけど今はおいとく)

 

 

自分が欲しいものや状況を持ってる人なんて

ちらっと横目に見ただけでも、た〜〜〜〜〜くさんいます。

 

世界中、自分以外は幸せそうだと思ってしまう。

 

怖いのはここ。

 

嫉妬の一番怖いところは「自滅」なのね

 

自分可哀想の世界に入るか

世界は敵になり、攻撃的になるか。

 

どっちに転んでも

人にやさしくされない、尊重されない世界の住人になっちゃう。

 

そんなの嫌だよね。

 

 

あたしがその世界から一歩出たのは

やっぱり思考の変化があったからなの。

 

 

嫉妬するときってね

あきらめている時だったのです。

 

 

例えば

「あの人すごいな〜!あんな人になりたいな〜!」と憧れてる時は

嫉妬の気配はないですよね。

 

そもそも、土俵が違う人にも嫉妬は湧かない。

 

または「あんな人」になるために

スタートしてたり、努力してる場合も嫉妬は湧かない。

自分もやることやってたり

エネルギーを注ぐ場所があったりすると

自分也の成果って出るし、嫉妬も湧かない。

 

 

自滅してしまうような

いや〜〜〜な嫉妬が生まれるのは

 

行動していないとき。

 

そして

自分で自分をあきらめている時

 

だったりするんだな〜〜〜これが。

 

 

そこに気づいてからは

あの人キレイでいいよな・・と嫉妬が生まれた時

 

ん?

自分はブスだと自分であきらめてるのか?

それとも、キレイになろうと努力してないからか?

 

という自問をするようになったの。

 

これが効果テキメン(笑)

 

 

そっか、そっか、と自分と対話できるキッカケになってます。

 

はい、未だにやりますよ〜(爆)

 

 

 

ま、嫉妬っていうのは比較から出て来るものが多いからさ(笑)

とってもわかりやすいし、内観しやすい感情なのでね。

 

 

恋愛系の嫉妬も仕組みは同じだと思うのね。

 

パートナーに別の相手が出来た(またはすでにいる)場合でも

 

愛されるという自信を失って、あきらめていないか。

相手を大切にし、尊重するという行動をやめていないか。

 

そこら辺がわかってくると、嫉妬してる場合じゃないことに気づけると思う。

 

 

 

そんなところで

今回はこの辺で!